筋肉はストレッチしながら鍛える


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。
お尻やお腹周辺をキュッと引き締めるなら、普段、使っていない筋肉を鍛えることが大切です。
その独特な方法についてお伝えします。

 

 

普段使っていない筋肉は思い通りに動かない


下記画像は当スタジオにある進化系ボディアプリケーション peak a body【ピーク ア ボディ】で測定したA様とE様の結果です。
使えていない筋肉は、青色が強く表示されます(紫色が最上位)。
藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 筋肉はストレッチしながら鍛える 1
A様 もも裏・ふくらはぎ・左の背中が特に使えていない

藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 筋肉はストレッチしながら鍛える 2
E様 左のもも裏・ふくらはぎ・背中・肩甲骨全体が特に使えていない

 

測定結果からCOMFYのエクササイズは、普段使っていない筋肉をピンポイントで鍛えます。
しかし、初めて何かのスポーツをする時のように、その筋肉は思い通りに動いてくれない。そうですね…『動かし方を忘れている』と表現できるかもしれません💡

 

 

ストレッチしながら鍛える


使わない筋肉は萎縮と言って、硬くほどけたバネのようにスムーズに伸び縮みしない状態なので、そこを鍛えるにはストレッチ(伸ばす)しながら、負荷を掛けると良い👍

 

この独特なエクササイズ方法は、短期間で結果が出るのは勿論、普段使っていない筋肉を本人が体感しやすい。
また、思い通りに動かしやすくなるのです。

 

「凄く効く!」「ここを意識したことはない😳」とクライアント様からは大変好評を頂いております。

 

 

まとめ


お尻やお腹周辺のラインは闇雲に鍛えるより、ピンポイントで普段使っていない筋肉を鍛える。
エクササイズではその筋肉をストレッチしながら、負荷を掛けると良い。

 

『運動×食』で美しいお尻とお腹のラインを手に入れたい方はご相談ください。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。進化系ボディアプリケーション peak a body【ピーク ア ボディ】と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


身体が柔らかすぎるデメリット

 

腰痩せと立ち方

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい