【管理栄養士おすすめ】便秘改善と水溶性食物繊維


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。
食事で綺麗な身体を作るならば、便秘はNG。腸内環境は大切です。
そのためには、普段の食事で水溶性食物繊維を意識すると良いかもしれません。

 

 

便秘とは


慢性便秘症診療ガイドラインによると、便秘とは「本来出すべき便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されている。

 

つまり、たとえ毎日便通があったとしても、便量が少なかったり、残便感がある、出すのがしんどいなら便秘ですね。といった感じです。

 

 

水溶性食物繊維は以下の方へおススメ


・便がコロコロしている
・便が硬い
・残便感がある
・下腹部に張りがある

 

これらの改善に闇雲に野菜や根菜類を食べたら、余計にお腹が張ったり、便が硬くなることも。
もしくは、乳酸菌飲料や便秘改善薬を飲んでも効果は薄いかもしれません。

 

 

水溶性食物繊維と効果


上記でお悩みの方には、水溶性食物繊維をおススメしたい。
水溶性食物繊維の働きのイメージは、柔らく滑らかな便を作ることです。

 

以下、水溶性食物繊維の豊富な食べ物です。
藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 【管理栄養士おススメ】便秘改善と水溶性食物繊維 1
・麦
・果物
・芋類
・大豆
・海草類
・エシャロット
・ゆり根
・切り干し大根
・アボカド
・オクラ
・人参

 

食べ物によっては食べ方・量・調理法にちょっとした工夫も必要ですが、この中で私のおススメは果物・芋類・豆類・海藻です。
私の経験則ですが、便のトラブルで悩んでいる方はこれらの食材を「普段食べない。」と言いますか。選ばない傾向があるように感じます。

 

 

クライアント様の声


COMFYのクライアント様は普段の食事で食物繊維。特に水溶性を意識した結果、以下のお声を頂いております。
・2~3日おきだったけど、今は毎日、お通じがある
・コロコロ便は出なくなり、残便感もない
・下腹部の張りがスッキリして、見た目が綺麗になった
・全身のむくみが改善した

 

 

まとめ


食事で綺麗な身体を作るならば、便秘はNG。腸内環境は大切ですよ。
そのためには、普段の食事で水溶性食物繊維を意識すると良いかもしれません。

 

『運動×食』で見た目と中身も綺麗なお腹を手に入れたい方はご相談ください。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。進化系ボディアプリケーション peak a body【ピーク ア ボディ】と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


管理栄養士 監修 お腹痩せランチ①

 

生理痛と食事

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい