生理痛と食事


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。
辛い生理痛でお悩みの方は、1日の食事量を見直すと良いかもしれません。COMFYのクライアント様の事例を基にご紹介します。

 

 

パーソナルデータ


ご紹介するクライアント様の情報です。
・30代 女性
・シフト制のサービス業
・目標 : 身体を絞りたい、体力をつけたい

 

こちらのクライアント様は、毎月動くのも辛い位の生理痛をお持ちでした。

 

 

食事量のムラ


以下、クライアント様の朝:昼:夕食の食事量(食べ方)です。
・朝食は欠食、もしくは水分と果物のみ。
・昼食は食べる時もあれば、食べれない時もある。
・夕食は沢山食べたり、食べないで寝てしまう時もある。

 

1日の食事のトータルバランスを簡単に表現すると「1食のみしっかりと食べ、あとはまちまち。」そんな状態でした。
ご本人はドカッと1食を食べているので、食事はしっかり食べていると考えていたそうです。

 

しかし、この食事量では1日に必要な栄養素不足で、その積み重ねが生理痛へ繋がっていると考えました。

 

 

食事のポイントと結果


藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 生理痛と食事 1

しっかりと朝食を食べるよう心掛けました。
自分さえ頑張れば、朝食は仕事状況や時間に左右されないからです。

 

朝食には生理痛改善に有効な食べ物をチョイスし栄養価を整え、1ヶ月ちょっと続けた結果、動くのも辛い位の生理痛は感じなくなり。おまけに、体脂肪率も5%減りました

 

 

まとめ


辛い生理痛でお悩みの方は、1日の食事量を見直すと良いかもしれません。
『運動×食』で生理痛も改善しながら、お腹痩せしたい方はご相談ください。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。『高性能姿勢分析アプリpeak a body』と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


痩せる食事

 

シフト勤務の人が食で痩せるポイント

 

食べないと痩せにくい

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい