腰痩せと立ち方


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。
腰や太もも周りをキュッと締めたい方は、日常生活での何気ない『立ち方』を意識すると良いかもしれません。

 

 

事例


藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 腰痩せと立ち方
上記の女性は約3ヶ月、『運動×食』で腰周りがシュッと引き締まりました。
結果を生んだ要因は様々ですが、日常生活での何気ない立ち方を意識したことは、かなり効果的だったと感じます。

 

 

腰痩せのポイント


男性に比べ女性は骨盤が横に広いので、特に意識しないで立ったり・歩行すると骨盤周辺の筋肉バランスが崩れやすい。
つまり、内ももやお尻がたるんだり、ぼよっと腰肉がつきやすいのです。
画像のクライアント様は立ち仕事ということもあり、正しい立ち方を徹底的に練習しました

 

 

このような方は要注意


腰痩せのために、誰でも簡単に実践できる立ち方をお伝えします。
それはつま先の方向です

 

藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 腰痩せと立ち方 1

okay

こちらは腰痩せに有効なつま先の方向です。

 

藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 腰痩せと立ち方 2

NG①

つま先が外側へ向いています。スネや外モモが太くなったり、お尻がたるみやすい。

 

藤沢 くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY 腰痩せと立ち方 3

NG②

つま先が内側へ向いています。太ももの前側が太くなったり、お尻が横へ広くなりやすい。

 

 

まとめ


腰周り・太もも周りが太くなったり、たるむ大きな要因の1つは、日常生活での何気ない『立ち方』です。
『運動×食』で腰や太もも周りをキュッと締めたい方は、ご相談ください。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。進化系ボディアプリケーション peak a body【ピーク ア ボディ】と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


歩行と骨盤・身体の歪み

 

くびれと腹筋の使い方

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい