肩をすくめる姿勢はNG。人から最も見られるのは背中


肩をすくめる姿勢はNG。人から最も見られるのは背中

管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。肩をすくめる姿勢を改善したい方へ。
今回のテーマは肩をすくめる姿勢の改善。気になる方は背中美人体操もご紹介するので、是非トライして下さい。

 

人から最も見られているのは背中?


肩をすくめる姿勢NG 人から最も見られるのは背中

人を見るときはどこを見ますか?顔😃・身体の正面・下半身?
私は職業柄360度、全身をボーと見ますけど、後ろ姿は身体の歪みや重心のズレなど多くの情報が手に入るので、結構重視します。

 

また、人から最も見られているのは後姿(背中)と言われることもあり、後姿って大事かもしれませんね。

 

クライアント様からは以下のようなご相談が多いのも何だか納得できます。
・自分を後ろからた時、老けて見えるから肩をすくめた姿勢をどうにかしたい!
・写真に写った後ろ姿にがっかりした。肩周りがちょっと…嫌だ。
・人前に立つ仕事だから、360度美しくい姿勢になりたい。

 

 

筋肉が肩甲骨を正しい位置に安定させている


筋肉バランスや生活習慣によって人それぞれですが、肩をすくめる人は『肩甲骨を引き下げる力不足だな~。」と感じるケースは多い。

 

肩の動きの土台となる肩甲骨は浮遊骨(ふゆうこつ)と呼ばれ、股関節と違い特定の場所にガコッとはまっていません。※股関節は骨のくぼみにポコッとハマっている感じ。

 

筋肉が肩甲骨を正しい位置に安定させている。つまり、肩甲骨の位置はそこに付着している筋肉バランスが大切です。

 

 

肩甲骨を引き下げる力が弱くなる要因


肩をすくめる姿勢 肩甲骨下げる力

 

肩甲骨は動かす機会が少なくなると、正しい位置へ肩甲骨を引き下げる筋肉が弱くなり、肩を上げる筋肉が強くなりやすい

 

PCやスマホいじ・座りながらの作業は、肩を引き上げる動作が多いので、その筋肉が強くなり肩が上がってしまうって感じでしょうか。

 

単純な考えですけど、肩甲骨を引き下げる筋肉をつければ、肩をすくめる姿勢改善に効果◎後ろ姿がグッと美しくなります👍。おススメの背中美人体操をご紹介しますね。

 

 

簡単!背中美人体操


【目的】
肩甲骨を正しい位置へ引き下げる筋肉をつける

【ポイント】
エクササイズをでは肩をすくめぬよう、肩甲骨を引き下げながら動く

【注意点】
・無理をしない
・呼吸を止めない
・身体に違和感があれば運動をしない

 

 

まとめ


正しい位置へ肩甲骨を引き下げる筋肉が弱くなると、肩をすくめる姿勢になりやすい。肩甲骨周辺の筋肉のバランスは人ぞれぞれ複雑なので、気になる方はご連絡下さい。

 

このブログがあなたの姿勢改善に役立つことを願ってます。目指せ背中美人👌

 

 

 

関連ブログ


腰痩せと美しい立ち方
腰痩せと美しい立ち方

 

リュック女子 増えてます

リュック女子 増えてます

 

 

 

COMFY バランストレーニング


藤沢 パーソナルトレーニング くびれ専門 Body Balance Studio COMFY

・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。進化系ボディアプリケーション peak a body【ピーク ア ボディ】と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
藤沢 パーソナルトレーニング バランストレーニング

 

 

 

藤沢 パーソナルトレーニング くびれ専門 Body Balance Studio COMFY メディア 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい