サーフピラティス モニター様の募集


COMFY HP用 サーフピラティス 5月看板

管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。サーフピラティスのモニター様募集のお知らせです。セッションの都合上、限定5名様と致します。興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

サーフピラティスとは


ファンクショナルローラーピラティスを基に、陸でサーフィンに活かせる身体の使い方を身につけるエクササイズ。

 

【レッスン紹介】サーフピラティス始めます
ファンクショナルローラーピラティスを基にしたエクササイズ。

 

 

サーフピラティスの目的


サーフィンに活かせる身体の使い方を身につけ、怪我の予防とパフォーマンスUPを目指す。

 

 

対象者


・初心者サーファー
・趣味のサーフィンを上手くなりたい人
・サーフィンをもっと楽しみたい人

 

 

サーフピラティスのテーマ


しなやかな動き

 

 

サーフピラティスが生まれた経緯


2017年3月ヌーサフェスティバル サーフピラティス

私にとってサーフィンは最高のスポーツ。できることなら、怪我せず長くサーフィンを続けていきたいものです。しかし、私の知人や友人のサーファーは、サーフィンで腰痛や肩こりを起こすことがあり、身体の不調の影響でサーフィンを思う存分できない人もしばしば…

また「身体の柔軟性や使い方を高めれば、サーフィンのパフォーマンスはもっと上がるかもしれない…」と思う人も多く見受けられます。

 

これらがキッカケで「サーフィンの怪我を予防して、パフォーマンスを上げるエクササイズがあれば良いな〜。」と考え始めました。そして、出来上がったのがサーフピラティスです。

 

 

サーフピラティスのメリット


サーフピラティスでは、サーフィンに特化した正しい身体の使い方をご提案/提供します。様々なメリットが望めますが、特に自信のあるメリットを3つお伝えします。

 

サーフピラティス パドル力の向上

①パドル力の向上

 

【身体の軸】

身体にはおへその下、おへそ、みぞおち、鎖骨の間、顎・花の下、眉間に中心軸があります(イメージはお団子の串)。この軸を意識してパドルすると『身体が左右にぶれない・最小限の力でスイスイ進む・パドル楽ちん 』と言ったメリットが望めます。サーフピラティスでは、身体の軸のとり方を練習します。

 

【肩甲骨の動かし方】

肩甲骨は背骨や肩の動きに合わせて、あらゆる角度へ滑らかに動きます。パドルの向上には、肩甲骨の滑らかな動きが必要不可欠かもしれません。

 

しかし、普段デスクワーク中心で肩甲骨周辺を動かさない。もしくは、パドルだけでしか肩甲骨を動かさない人は、肩甲骨に良く使う/使わない動き(偏り)が出やすく、肩甲骨の動きがギクシャクすることも。サーフピラティスでは、本来肩甲骨が持つ滑らか動きを習得するための「肩甲骨の体操」や「しなやかに肩を回すエクササイズ」などを行います。

 

サーフピラティス バランス感覚の向上

②バランス感覚の向上

 

【足裏の機能】

足裏は身体の中で唯一ボードと接している部位であり、ライディングの「土台」と言えるかもしれません。足の裏には以下2つを司るセンサーがあります。
①「今、身体が傾いている・のけ反っている。」といった身体の重心を感知するセンサー。
②「波がぼよついている・ガタついている。」といったボトムを感知するセンサー。
この2つのセンサーからの情報をもとに身体はバランスをとっています。

 

足裏の感覚を高めることで、サーフィンに必要なバランス感覚の向上が望めます。しかし、偏平足やハイアーチ気味・ヒールを履く機会の多い人は、足裏を上手く使えていないかもしれません。サーフピラティスでは、「足裏のアーチをほぐしたり、足指を動かす練習」や「つま先・踵で重心をとるエクササイズ」などを行います。

 

 

【しゃがむ動作】

サーフィンの基本と言える中腰の姿勢(しゃがむ姿勢)。正しくしゃがむ動作を身につけることで、以下のメリットも望めます。
・ライディングでの前後へのワイプアウトの減少
・着地の安定感の向上
・腰痛や膝痛の予防

 

正しくしゃがむ動作は単純なように思えますが、様々な関節がタイミングよく動くので意外と難しい。腰が丸まったり、逆に反り過ぎると体幹は安定せず前後へ重心がぶれやすくなる。また、足首や股関節が硬いと深くしゃがめません。

サーフピラティスでは「足首や股関節の柔軟性を高めるストレッチ」や「体幹を安定させながらしゃがむ練習」などを行います。

 

サーフピラティス ターンの向上

③ターンの向上

 

【骨盤と背骨の動き】

「ライディングに上半身の動きがない。」と言われる方は、この辺りの能力がポイントかもしれません。サーフィンは予測できる波もありますが、予測不可能な波もあるので、波に合わせてしなやかに身体を動かす能力も必要だと考えます。そのためには、スムースに骨盤と背骨をコントロールする練習が必要です。

 

普段、デスクワークが中心の方は、腰や背中周りがガチガチで骨盤と背骨がスムースに動かないなんてことも…サーフピラティスでは「腰・背中周りのストレッチ」や「骨盤と背骨を連動させ動かすエクササイズ」などを行います。

 

 

【側屈と身体を捩じる動作】

「へっぴり腰でターンする。」「ターンの動きが硬い。」と言われる方は、この辺りの能力がポイントかもしれません。ターンの動きで多用する上半身を捩じる動作は、胸(みぞおち周辺)を中心に動かすことが重要です。胸は肩甲骨と連動して360度立体的に動く関節ですが、特別なことでもしない限り普段動かす機会はあまりなく、運動指導者からは現代人にとって「機能を忘れ去られた関節」とも言われています。

 

この胸の動きが低下すると、腰を痛めたり大きなターンが上手くできないなんてことも…サーフピラティスでは、胸周辺の機能を高めるために「側屈」や「肩甲骨と連動させながら、身体を捩じるエクササイズ」などを行います。

 

 

サーフピラティスの流れ


  • ①カウンセリング。あなたの目標やゴールを伺い、具体的にしていきます

身体が変わる楽しさ、できないことができるようになる喜びをご体感下さい。サーフピラティスで、あなたのサーフィンがもっと楽しくなることを願っています!

 

 

モニター様の条件


①基本的に週1回通える方
※時間や曜日、どうしても都合が付かない日などは要相談。
②現在、ヘルニアや骨折などの怪我をしていない方
③18歳以上、男女問いません
④モニター期間が終わった後、サーフピラティスの感想文をお願いします。
※COMFYのHPやSNSで活用することが目的です。名前や顔写真など個人が特定できないよう配慮するのでご安心ください。

 

 

金額


60分のセッション×8回 ¥32,000円(税込み)
※1回あたり ¥4,000円

 

 

注意点・その他のインフォメーション


・お申込みが5名様になった時点で募集終了です。ご了承下さい。

・エクササイズのメインは、ローラーを用いた【ファンクショナルローラーピラティス(FRピラティス)】です。

 

・持ち物やトレーニングのよくある質問はコチラ

・お客様の声はコチラ
※バランストレーニングを参考にして下さい

 

 

 

ご予約・お問い合わせ


電話もしくはメールにて承ります。

 

下記の画像をタップして頂くと電話を掛けられます。
※セッション中は電話に出られない場合がございますのでご了承下さい。折り返しご連絡致しまので、留守番電話にお名前とご用件を残して頂けますようお願い申し上げます。
COMFY 電話番号

 

 

また、メールでのご予約・お問い合わせもご利用頂けます。下記フォーマットにご用件を入力し、送信ボタンを押して下さい。「※印」は必須項目です。ご不明な点、ご質問等お気軽にご連絡下さい。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

- -

 

 

 

COMFY 藤沢 サーフピラティス 高橋和晃 サーフピラティスの最新情報を受け取ろう!


このFacebookページは、初心者サーファーが上達するためのサーフピラティス (サーフィンに活かせる身体の使い方) 情報を発信します。最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい