フェンシング 全国大会出場


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。先日、嬉しいニュースが飛び込んできたのでご報告します。
トレーニングサポートしている長野県のフェンシング ジュニアアスリートが地区予選を勝ち上がり、全国大会(それぞれ中学生2名と高校生1名)の切符を手にしました。

 

日々の小さな努力の積み重ねが結果として現れたので非常に嬉しく思い、それと同時に「全国で勝つためにどんなサポートをしようかな?」と頭を悩ませています。
結果を出した要因はいくつもありますが、大きく3つだと考えます。

 

 

1つ目は『食事』

選手の食事はスポーツ選手の栄養サポートが得意な長野県在住の栄養士さん(私の友人)に任せています。成長期のジュニアアスリートへ日々の適切な栄養サポートが功を奏し、身長が伸び、体重(筋肉)も増え、日々の疲労回復を促していると考えます。

 

 

2つ目は『柔らかい筋肉としなやかな動き』

成長期なのでどちらかと言えば、筋肉をモリモリつけるのではなく、柔軟性UPを重視。また、同時に普段使われていない筋肉で肩や股関節、足首、体幹などを動かすを練習しました。動きのイメージはフィギュアスケーターのようなしなやかな動きです。

 

柔らかい筋肉としなやかな動き、この2つがフェンシングの動作向上に役立ったと考えます。

 

 

3つ目は『選手の小さな努力の積み重ね』

これが最も大きな要因でしょう。
選手は練習で疲れていても、ほぼ毎日ストレッチやエクササイズを数カ月間続け、上手にできなかったバンザイやつま先立ち・前屈などが徐々にできるようになりました。小さな努力の積み重ねにより、体のポテンシャルが上がり、競技力向上へ紐づいたと考えます。

 

 

 

まとめ


フェンシングに限らず、競技力の向上は『小さな努力の積み重ね』が最も大切なのかもしれません。
次の戦いは2018年7月下旬の全国大会!結果は改めてご報告致します。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいからお腹周りを引き締めたい
・運動でくびれを作り××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。『高性能姿勢分析アプリpeak a body』と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


フェンシングトレーニング in 長野

 

まず始めにすべきは柔軟性(関節力)の向上

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい