猫背警報。猫背のクセに気がつく重要性


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。猫背改善しながら、くびれを作りたい人へ。
私は似合わないとよく言われますが(笑)、ジャンル問わず月に1冊は読書します。昔は勉強のためと言う目的だったけど、最近は面白いアイディアが色々と浮かんでくるから読んでます。

それはさておき、本を読む姿勢やスマホを見る姿勢…何気ないクセの積み重ねが猫背の引き金になるのです。

 

猫背警報 この姿勢は要注意


その① 覗き込み

猫背のクセに気がつく重要性 4
鎖骨と鎖骨の間を支点にギューンと首を曲げて、本やスマホを見る姿勢。

これは首こりや頭痛を起こしやすく最近、増加傾向にある姿勢ですね。

 

 

その② アゴ読み

猫背のクセに気がつく重要性 3
アイーンと言わんばかりにアゴを突き出したり…

猫背のクセに気がつく重要性 1
必要以上にアゴを引いてスマホ画面や本のページに顔を近づける姿勢。

肩甲骨と肩甲骨の間に痛みや違和感が出やすい。私は夢中になるとね…なっちゃうんですよね、この姿勢に。気をつけなきゃ。

 

 

その③ ハンガー

猫背のクセに気がつく重要性 5
ハンガーに吊るされているかのように両肩を引き上げて、スマホを見たり本を読む姿勢。

猫背のクセに気がつく重要性 2
寝ぞべりながらだとこんな感じな。

呼吸は浅くなりやすく、見た目も宜しくない。経験即ですが、この姿勢の人は呼吸を止めやすい。

 

 

まとめ


猫背はご紹介したような日常生活のクセの積み重ねが引き金に。猫背改善のためにストレッチやエクササイズをしても、これらのクセに気がつかないと改善は難しいものです。

このブログがあなたの猫背のクセに気づくきっかけとなれば嬉しいです。猫背でお悩みの方はご相談下さいね。

 

 

バランストレーニング


・○○したいから猫背を何とかしたい
・猫背改善しながら、くびれを作りたい

このような方はバランストレーニングがおススメ。『高性能姿勢分析アプリpeak a body』と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

関連ブログ


簡単チェック!内ももがぷよぷよにたるむ習慣と引き締める習慣

 

ストレッチは身体の末端と中心の距離を伸ばす

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい