簡単チェック!内ももがぷよぷよにたるむ習慣と引き締める習慣


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。内ももを引き締めたい人へ。
座った時は自然と膝が開いてしまうは要注意。最近は女性にも増えてきているように感じます。

 

内ももは身体の重心を安定させる重要な筋肉ですが、内ももを使えない人は多いですね。普段、内ももを使わなければプヨプヨになってしまうのも無理はない。今回は内もものぷよぷよ習慣チェツク テストと引き締める方法についてお伝えします。

 

 

内もも使えてる?


以下の項目が2つ以上当てはまった人は、普段内ももを使えていない可能性大。

 

☑① 座った時は自然と膝が開いてしまう。足を閉じようとすると何だかムズムズする
☑② 立った時に膝とつま先の向きが揃っていない
☑③ 階段の上り下りで、がに股(膝が外側へ開く)になっちゃう
☑④ 靴のかかとがすり減りやすい
☑⑤ 外反母趾気味である

 

内ももは身体の重心を中心に寄せ、外側へ開くのを抑える働きがあり、特に歩行をする際に大活躍する。しかし、使えていないとプヨプヨにたるむし、下半身の歪みも引き起こす要因ことも…

 

上記のチェック項目が2つ以上当てはまった人は、内ももを使う練習をおススメします。また、チェック項目にある①と②は日常生活で気を付けるよう心掛けて欲しいです。

 

 

簡単 内もも引き締めエクササイズ


【目的】
内ももを使えるようにする

【方法】
簡単チェック!内ももがぷよぷよにたるむ習慣と引き締める習慣 3
①椅子に浅く座り、ボールやタオルなどを内ももに挟む。
②椅子にお尻を立て、内ももでボールを締めながらお腹は引き上げ。
③20~30秒キープ×3セット

【ポイント①】
簡単チェック!内ももがぷよぷよにたるむ習慣と引き締める習慣 2
膝ではなくモモの付け根を寄せる感じで、ボールを挟む

【ポイント②】
簡単チェック!内ももがぷよぷよにたるむ習慣と引き締める習慣 1
・膝とつま先の向きを揃える
・お腹を引き上げる

 

 

まとめ


内ももは身体の重心を安定させる重要な筋肉。普段、内ももを使えていない人は是非、使う練習をして機能的でキュッと引き締まった内ももをゲットして下さい👍

 

このブログが内もものたるみでお悩みの方へ役立つことを願ってます。

 

 

バランストレーニング


・〇〇したいから、くびれをキュッと引き締めたい
・くびれを手に入れて××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。『高性能姿勢分析アプリpeak a body』と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


バストアップに筋トレは不要?簡単バストアップ術

 

足が長くなる方法

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい