くびれと腹筋の使い方


管理栄養士×スポーツトレーナーの高橋和晃です。
立体的にキュッと締まったお腹のラインを作るには、トレーニングの順番が大切です。

くびれ専門 ボディバランススタジオCOMFY くびれと腹筋の使い方 1
やみくもに上記の画像のような腹筋運動をしても、美しいお腹のラインは作りにくいのです。

 

 

腹筋は大きく分けて以下3つの使い方があります


①伸ばして使う(背骨を伸ばすようなイメージ)
②縮めて使う(背骨を丸めるイメージ)
③ねじって使う(フィギュアスケーターのジャンプのように上半身をねじるイメージ)

 

綺麗に立ったり、歩行の姿勢を作るために最も活用するのが①なので、まず始めに①の使い方をトレーニングすべきです。

 

トレーニング方法は個人の筋肉ランスにより異なるので、ブログにて詳細は伝えきれませんが、腹筋を伸ばして使えない人は多いと感じます。

 

 

腹筋を伸ばして使えないデメリット


・姿勢が悪く猫背になる
・下腹部がポッコリ出る
・樽のようなお腹になる

 

逆に、トレーニングで伸ばして使う力がつくとお腹に立てのラインが入ったり、立ち姿歩き方も綺麗になります。

 

 

①の使い方をマスターしたら、セカンドステップへ


②と③のどちらへ進むべきかは、個人の筋肉バランスにより異なるので何とも断言できませんが、どちらかと言えば『ねじって使う』トレーニングの方が必要な人は多いですね。

 

 

まとめ


キュッと締まったお腹のラインを作るには、順番が大切。
まず始めにすべきは、腹筋を伸ばして使うトレーニングです。

 

『運動×食』でお腹周りを引き締め、くびれたい方はご相談下さい。

 

 

 

COMFY バランストレーニング


・○○したいから綺麗なくびれを作りたい
・運動でお腹周りをスッキリさせ××したい

このような方はバランストレーニングがおススメ。『高性能姿勢分析アプリpeak a body』と『動作のクセ』から筋肉のバランスを分析。FRピラティスを組み込んだCOMFY独自のメソッドで、あなたに必要なエクササイズやストレッチをご提案致します。

詳細はコチラから
バランストレーニング

 

 

 

関連ブログ


日常の動作で多くの筋肉を使う

 

お腹周りを絞りたいなら肩甲骨を動かす

 

 

 

くびれ専門 COMFY 藤沢 パーソナルトレーニング ピラティス 栄養サポート 最新情報を受け取ろう!


COMFYのメルマガ詳細はコチラ

 

COMFYのインスタはコチラ

 

ゆる~いブログはコチラ

 

くびれ専門 COMFYの「運動×食」に関する最新情報を受け取りたい方は【いいね】して下さい